2022年4月23日 プラ市況 

【韓国】
脱プラ施策を加速、廃プラ価格は上昇
包装フィルム(軟質系)はRPF一択

©shutterstock

使い捨てプラ製品の規制、更に加速
 韓国政府は2030年までに全ての使い捨てプラ製品の使用を禁止にすることを発表している。その一環として2022年4月1日から、レストランやカフェでのワンウェイのプラ製品の使用を禁止した。また11月からは品目を拡大し、プラ製のストローやマドラーの他、紙コップも禁止となる。12月からは容器リサイクルの回収において、透明PETボトルだけを分けた形での分別回収が開始され…

この記事は有料会員記事です

▼残りの93%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top