2022年5月1日 プラ市況 » 

【2022年3月の廃プラ輸出統計】
輸出量は4.1%減だが平均単価は60円台に
PE・PPの対前年比でみた輸出増が顕著

shutterstock©

 3月の日本の廃プラ輸出量は5万5,413トンで対前年比4.1%減った。PETフレークが11.8%減、PETくずが13.6%減、PVCが11.2%減、その他が14.5%減となった一方で、PPが44.8%増となっている。4月のプラ新法の施行以降、輸出量が増えるのかどうか。
 1-3月累計では13万3,056トンで対前年比12.7%増。品種別では多い順にPEが28,542トンで21.5%を占めており…

この記事は有料会員記事です

▼残りの88%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top