2022年5月30日 プラ市況 

【米国の廃プラ輸出】
北中南米向けが中心、アジアから10年でシフト
輸出量は4分の1に縮小、価格は最高値更新

©︎shutterstock

 2010年以降の米国の廃プラ輸出量と輸出国、輸出単価(FOB価格)を調査した。輸出量の変化は、中国が禁輸した2018年以降、如実に影響が現れている。2010年~2016年までは190~210万トン台の輸出量で推移していたが、17年は167万トンとなり、16年から27万トン減。18年は108万トンで60万トン減、19年は67万トンで40万トン減と大幅な減少が続いた。中国という巨大市場がなくなったこ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの91%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top