2022年7月4日 プラ市況 » 

【2022年5月の廃プラ輸出統計】
輸出単価の過去最高値を更新
ナフサ高、円安、PET需要増が牽引

shutterstock©

 貿易通関統計によると、2022年5月の廃プラ輸出単価(FOB価格)は68.8円/kgとなり、過去最高を更新した。前年同月に比べて17.2円/kg高く、前月に比べても4.2円/kg高い。背景には、①ナフサ価格の上昇、②円安の進展、③PET需要の高まりがある。
 各要因をみていくと、①バージン原料であるナフサ価格は、過去10年間でもっとも高い。5月の輸入価格は980ドル/トン前後と前月より20ドル…

この記事は有料会員記事です

▼残りの85%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top