《2022年6月廃プラスチック市況》
需要が集中する高品質PETボトル
有価プラは過去最高値の品種も

©shutterstock

需要が集中する高品質な廃PETボトル
 廃PETボトルが高止まりしている。未曾有の高値圏に留まっているのは、飲料メーカーが再生ボトルの比率を高めるため、再生PETボトルの消費量を増やしていることが大きい。近畿エリアでは今年から来年にかけて年間30万トン近い処理能力が立ち上がり、こうした需要増に応える。廃PETボトルは貴重な再生原料として、消費が旺盛になっていることが全国のPETボトル市況を底支え…

この記事は有料会員記事です

▼残りの93%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top