2022年1月15日 プラごみ問題 

【自治体のプラごみ一括回収】
政省令が閣議決定、手引書を作成中
“地方交付税”を呼び水に収集量も急増か

©shutterstock

 プラスチックの国内循環を促すプラ資源循環新法(以下、プラ新法)が今年4月に施行される。その政省令(施行令、施行規則)が1月14日、閣議決定された。法律がその目的や枠組みを定めたものに対して、政省令というのはいわば法律の運用面のディテールを定めたもの。

 例えば、プラスチック使用製品として認定を受ける際の適合基準だったり、配布時に一定の配慮が求められる使い捨てプラスチックの対象品目(12品目…

この記事は有料会員記事です

▼残りの93%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top