【中国の廃プラ統計】
2022年回収量は1割増の2100万トンの予測
原油価格高騰など外部要因で設備増強延期も

©shutterstock

 中国物資再生協会の再生プラスチック分会(王永剛事務長)がまとめた『中国再生プラスチック産業発展報告2021-2022』によると、中国の2021年の廃プラスチック回収量は約1900万トンで、20年比19%増加した。プラスチックの価格上昇と回収量の増加により、21年の廃プラスチックのリサイクルで生じた価値は約1050億元(前年比33%増)だった。また2022年は分別回収が進むことなどによって、廃プラ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top