2022年6月19日 プラごみ問題 

【一般廃棄物処理施設の許認可】
日量5トンで必須、許認可取得フローを解説
製品プラ一括収集の受け皿、手続きに4年も

©︎shutterstock

 自治体が分別収集した容器包装プラスチック(容リプラ)を容リ協会への引き渡す前に、リサイクル可能で効率的な輸送ができる「分別基準適合物」に品質・荷姿を合わせる必要がある。この選別・圧縮・保管を行う施設が「指定保管施設」と呼ばれる中間処理施設だ。2020年度に全国824ヵ所の指定保管施設で受入れ実績があり、一定規模以上の処理量になると一般廃棄物処理施設の許可が求められる。プラ新法で「容リプラ+製品プ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの87%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top