2021年12月24日 プラリサイクル » 

【PETボトル】
容リ協・全清飲が自治体囲い込みに自粛要請
仕入れ競争過熱、容リルート離脱増を受けて

 PETボトルの排出元である自治体の囲い込みに一石が投じられた。再生PET樹脂メーカーが生産設備の大増設に動き、また飲料メーカーも相次ぎ再生PETの利用目標を打ち出したことで、原料である廃PETボトルはもはや取り合いの様相。特に自治体で容リルートから離脱して独自ルートで売却する動きが広がったことから、関連団体が加熱する仕入れ競争に釘をさす事態に繋がった。
 公益財団法人日本容器包装リサイクル協会…

この記事は有料会員記事です

▼残りの92%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top