2022年1月8日 プラリサイクル 

【西日本ペットボトルリサイクル】
九州のエコタウン1号、PETリサイクルの先駆け
低品質の原料使い競争力へ、マスクやタオル原料にも

西日本ペットボトルリサイクルの工場外観

 九州エリアのPETボトル再生事業の雄である、西日本ペットボトルリサイクル㈱(本社=福岡県北九州市若松区、千々木亨代表取締役)を訪問した。大規模な再生処理設備が限られる西日本の中で、同社は1997年からPETボトルのリサイクルに取り組んできた。現在は食品トレイ大手のエフピコ傘下として、PET再生樹脂を食品トレイ容器の原料だけでなく、繊維など他用途向けに供給する。長年のノウハウからDランクのPETボ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの92%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top