2022年5月20日 プラリサイクル 

【塩ビリサイクル】
塩ビ管・継手の生産・出荷量が回復基調へ
リサイクルは74社受入れ、1万8千㌧再生

©shutterstock

 硬質塩化ビニル管および同継手の普及やリサイクル活動に取り組む塩化ビニル管・継手協会(会長:土和広クボタケミックス代表取締役社長))がまとめた生産出荷統計によると、2021年度の塩化ビニル管の生産量は25万5,483トン(前年度比1.3%増)、出荷量は25万3,054トン(同1.5%増)と前年度を上回った。20年度はコロナで大幅に落ち込んだが、回復の兆しが出てきた。また2020年度のリサイクル量は…

この記事は有料会員記事です

▼残りの91%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top