2022年7月11日 プラリサイクル 

【化粧品容器】
積水化学工業・住友化学・資生堂の3社が協業
ケミカルプラント稼働で循環型の容器へ

shutterstock©

 積水化学工業と住友化学、資生堂の3社は、各社の強みを生かして、化粧品の容器に使われるプラスチックの循環モデルを構築する。積水化学工業は、使用済み容器のエタノール生成を手掛け、住友化学はエチレンとともに容器に使うポリオレフィンを製造する。資生堂は商品の販売とともに使用済み容器を店頭で回収する。

 化粧品の容器には、プラスチック樹脂の他、びんやアルミなど多種多様な素材が使われている。容器の形状…

この記事は有料会員記事です

▼残りの92%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top