2021年11月10日 プラリサイクル 

【廃プラのマテリアルフローにみる展望】
マテリアルリサイクルは、PET・ロス品が大きく貢献
水平リサイクルによる循環はどこまで広がるか?!

 プラスチック循環を見える化できるマテリアルリサイクルへの期待が高い。日本におけるプラスチックリサイクルの手法は、サーマルリサイクルがもっとも比率が高く、マテリアルリサイクルは22%に過ぎないが、そこにもエクスキューズが付く。産業系の生産加工ロス品やPETボトルが大きく貢献しているからだ。産業系やPETボトルに共通するのは、単一素材であり、異物がほとんど混じっていないということ。単一素材で品質が安…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top