【廃プラ固形燃料】
RPFの調達価格が上昇
製紙メーカー中心に広がる

固形燃料のRPF

 4月から製紙メーカーを中心に固形燃料であるRPFの調達価格をキロあたり1.0〜1.5円引き上げた。これによりRPF製造業者の店頭価格は、キロあたり1.5~2.0円となっている。
 2月のロシアのウクライナ侵攻後、石炭価格が急騰したことで、代替燃料であるRPFの需給が締まった。もともとCO2排出削減の流れの中で、石炭ボイラーからバイオマス燃料への転換が加速していたことも下地にあった。
 石炭価…

この記事は有料会員記事です

▼残りの86%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top