【建廃系プラスチック】
大東建託がブルーシートを水平リサイクル
多品種の分別回収、広域展開の壁が課題

現場で回収されたブルーシート画像

 地場工務店や中小ハウスメーカーを含め住宅建築に関わる業者数は3万社を超える。こうした建築現場からは、日々多くの廃プラスチックが排出されており、その量も膨大だ。建物賃貸事業および不動産の仲介・管理の大東建託は、従来、各建築現場から廃プラスチックを排出していたが、昨夏以降、そのうちのブルーシートについて分別、回収し、ブルーシート由来の再生プラスチックを混入して作ったブルーシートを再び買い入れて使用す…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top