【アイレックス】
茨城2拠点で再生ペレット月500トン生産
研究センターで品質基準づくりにも着手

アイレックスが扱う廃ペットボトルから生産された再生ペレット「エコキャップペレット」

 プラスチックのマテリアルサイクル企業、アイレックス(東京都千代田、陳国代表取締役)は、同社第一工場(敷地面積1万平方メートル)のある茨城県桜川市真壁町に、昨秋、第二工場(同3500平方メートル)を新設し生産体制を拡充した。4月からのプラスチック資源循環促進法施行を追い風と捉えて積極的な設備投資を行った。また第二工場には研究開発・分析センターを併設、2000万円を投じて分析機器一式を導入、自社製造…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top