【セイコーインターナショナル】
千葉に5拠点目で月産能力2000トン増強
仕入れ先・協力会社との関係強化図る

透明の原料用のストランドカット押出機

 セイコーインターナショナル(東京都新宿区、黄金練社長)は全国5カ所のプラスチック集荷/粉砕加工流通センターのほか、硬質プラスチックの再生ペレットを生産する関東第一工場(千葉県長生郡長南町)を2021年11月から稼働し、軟質プラスチックの再生ペレットを生産する千葉プロダクツセンター(千葉県東金市小野、2018年12月稼働開始)と合わせ生産体制を拡充した。
 同工場では汎用樹脂からエンプラ系樹脂ま…

この記事は有料会員記事です

▼残りの95%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top