【PETボトル】
政令指定都市で容リルートから離脱続出
入札価格が高騰する中、各市の言い分とは?!

©Getty Image

 容リ協会が実施するPETボトルの再商品化事業において、2022年度上期の落札平均価格が、キロあたり-64.2円の過去最高を記録した。再生処理メーカーによる廃PETボトルの争奪戦が激化し、空前の高値相場が生まれている。だが、この背後では容リ協会ルートの入札から離脱する自治体も増えている。2022年度、容リ協会へのPETボトルの引渡予定量は、上期だけでも約7000トン減少した(-6%減) 。人口規模…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top