【エム・エム・プラスチック】
富津プラスチック資源化工場2期工事進行中
プラスチックリサイクル処理及び生産倍増へ

富津プラスチック資源化工場(会社案内写真より)

 エム・エム・プラスチック(千葉県富津市、森村努社長)は、富津プラスチック資源化工場(千葉県富津市)の2期工事の準備に取り掛かっている。およそ70億円を投じて、プラ製容器包装処理、工場の端材など産廃系プラ処理、そして物流パレット製造のそれぞれ1ラインずつを増設する計画を検討中である。また今後、生産工程で排出される廃プラのマテリアルリサイクルに力を注ぐとともに、プラ資源循環新法施行で始まる製品プラ回…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top