【航空貨物用シート】
大手航空会社が一部を再生リサイクル
貨物量増加も、分別困難で機会逸する

shutterstock©

 成田国際空港の2021年国際線貨物便発着は、コロナ禍前の2019年との比較で倍増し、暦年としては過去最高を記録した。背景には、①旅客便の運休・減便による貨物スペース減による代替便、②新型コロナ感染拡大による緊急物資輸送、③コンテナ生産の減少で海上輸送が混乱し、船落ち貨物が航空輸送へ流れたことなどがあるという。同空港の国際航空貨物量も同様で、2019年比27%増となり、暦年最高量を記録した。この状…

この記事は有料会員記事です

▼残りの92%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top