【アプライズ】
亀岡RCでペレタイザー3基増設
健康事業にも参入し事業多角化へ

亀岡RCに導入したペレタイザー

 貿易商社の㈱アプライズ(本社:大阪市東淀川区、平良尚子社長)は、「環境と健康」をテーマに事業展開している。廃プラを月間5000トンほど扱い、今年1月には亀岡RC(京都府亀岡市)でペレタイザーを3基増設した。廃プラは中国をはじめとした海外向け輸出を主流としてきたが、現在では日本国内にも多くの販路を持つ。グループの産廃中間処理工場、ペレット化工場、焼却場を上手く活用しながら、適材適所で廃プラの処理を…

この記事は有料会員記事です

▼残りの95%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top