【大王製紙】
脱プラ・減プラの代替需要の紙化
コストと機能性の壁を超えられるか

もちもちショコラと同梱の紙製ピック(2019年2月~)

 脱プラ・減プラ需要を捉えた製紙メーカーによる商機が拡がっている。バイオマス資源でリサイクル性能を備えるのは、紙化が得意とするところだが、代替素材となるにはコストと機能が課題だった。大王製紙は、新製品を生み出す組織体制を整え、顧客ニーズを捉えたエリプラシリーズを投入してきた。プラスチック資源循環法(以下、プラ新法)の施行も後押しする中、縮小均衡する紙・板紙の内需底上げの起爆剤となるか?!同社の取組…

この記事は有料会員記事です

▼残りの97%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top