【Ellange(エランゲ)】
プラスチック製の漁網を再利用へ
ベンチャー企業が漁協から回収開始

回収連携している新潟県姫津漁協
(姫津漁港)

 自然環境との共生を目指す事業に取り組むベンチャー企業Ellange(エランゲ、東京都中央区、関幸太郎社長)は、刺網漁に使った使用済み漁網を買い取り、再生プラスチックにするために販売する事業を5月から新潟県の姫津漁港や石川県の高浜漁港などの複数の漁業協同組合を対象に開始する。他の漁港からの引き合いもあり、今後、九州地方などで取引漁協を増やし、年末までに50トンの漁網を回収する目途を付ける方針だ。同…

この記事は有料会員記事です

▼残りの91%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top