2022年5月14日

【OECD世界廃プラ調査】
世界の廃プラ3億5300万㌧、うち40%が包装用
処理の半分は埋め立て、リサイクル率は15.6%に

©shutterstock

 OECD(経済協力開発機構)の調査によると、2019年の世界のプラスチック生産量は4億3100万トンで、使用量は4億6000万トンだった。使用量が上回るのは、再生プラスチックの使用量が2900万トン入るため。プラスチック使用量における再生プラスチックの割合は、わずか6.3%に留まり、バージンプラの割合は93.7%となっている。ちなみに、OECDは欧州諸国を中心に日本や米国を含め38ヶ国の先進国が…

この記事は有料会員記事です

▼残りの95%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top