【白井グループなど5社・団体】
東京23区の混合廃プラからナフサを抽出
ICTとの併用で社会実装なるか

©shutterstock

 白井グループ(東京都足立区、白井徹代表取締役)は、ダイナックス都市環境研究所(東京都港区、佐久間信一代表取締役所長)が同社を含め5社・団体を統括して実施した東京都のリサイクル実証事業において、都内の事業系廃プラスチック(混合廃プラスチック)を原料にして石油成分に変換できることを実証した。同社はこれまでに、AI(人工知能)配車システムや、近距離無線通信を用いた自動認識技術「RFID(Radio F…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top