【サントリー】
再生PETボトル比率50%を今年前倒しで達成へ
22エリアの自治体と提携、製品にコスト転嫁も

©Getty Image

 サントリーホールディングスは、2022年に同社が使用するPETボトルの50%をサステナブルボトル(再生PET+バイオPET)に切り替える。2025年としていた目標値を前倒しで達成できる見込みで2030年には100%を目指す。経営戦略の中でもサステナビリティが根幹をなす同社では、今年10月の清涼飲料の値上げでも、再生PETのリサイクルコストの上昇を理由の一つに挙げた。各地の自治体とも提携を広げる中…

この記事は有料会員記事です

▼残りの97%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top