【乳業メーカー】
森永乳業が小型PETボトルで順次軽量化
明治はバイオマスプラを30年に3000トンへ

©︎shutter stock

 森永乳業は、利根工場(茨城県常総市内守谷町)に新たに増設したラインで生産する機能性ドリンクヨーグルトについて、従来よりも15%軽量化したPETボトル容器を採用した。今回の取り組みで軽量化するのは4種類のドリンクヨーグルト容器だが、今後、小型PETボトルについても軽量化の検討を進めるという。100ミリリットル前後の機能性ドリンクヨーグルト容器は、明治も軽量化によるプラスチック使用量の削減を進めてい…

この記事は有料会員記事です

▼残りの90%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top