【中東遠プラリサイクル協議会】
プラントシステムやユニ・チャームなど14社
企業コミュニティで「再生ものづくり」実現

サンプルテストした廃プラのペレット

 プラントシステム(静岡県静岡市、木内智之代表取締役)およびユニ・チャームプロダクツ(愛媛県四国中央市、関忍代表取締役社長執行役員)など14社・自治体は今年5月、廃プラスチックから“必要なもの”づくりを行う、静岡県中東遠地区コミュニティ連携組織「一般社団法人中東遠プラリサイクル協議会」(静岡県掛川市大池、木内智之代表理事)を立ち上げた。構成社員各社の拠点が集まる地の利と、それぞれの事業の特色を生か…

この記事は有料会員記事です

▼残りの86%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top