【ネクアス】
酢酸セルロース樹脂でシート成形を可能に
生分解性バイオマスプラの市場開拓なるか

NEQAS OCEAN ペレット状

 バイオマス樹脂のコンパウンドメーカーであるネクアス(福井県坂井市、角谷雅和代表取締役)が海洋分解性をもつ酢酸セルロースを使用した生分解性バイオマスプラスチック成形材料「NEQAS OCEAN」において、シート成形を可能にした。環境省『プラスチック資源循環戦略』で策定された2030年までにバイオマスプラスチック約200万トン導入を目指すいま、汎用プラスチックと同等の加工性能を発揮し、またその性能を…

この記事は有料会員記事です

▼残りの95%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top