【22年度容リ入札】
プラスチック製容器包装が1万2千トン増
落札単価は前年度比900円安い5万5,000円に

shutterstock©

 日本容器包装リサイクル協会が公表した令和4年度(2022年度)再商品化委託事業の落札結果によると、今年度のプラスチック製容器包装(白色トレイ除く)の落札数量(再商品化契約料)は、前年度実績より1万2,400トン増えて、688,795トンとなった。来年度は製品プラスチックとの一括回収が始まるため、増加傾向は今後も続くとみられる。

 昨年度同様、コークス炉化学原料化手法の日本製鉄の落札量が最も…

この記事は有料会員記事です

▼残りの88%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top