「ごみ分別アプリ」でNo.1シェアのG-Place
LINEと連携開始、製品プラの一括回収でもニーズ

 日本が世界に誇るごみの分別習慣。各自治体でごみの出し方は微妙に異なるものの、家庭での初期分別が行き届き、資源物の品質向上にも一役買ってきた。この分別習慣に欠かせないのが、ごみ分別アプリである。現在、全国の72%の自治体(約1200市区町村)が導入しており、利用者に収集日や分別方法を案内するとともに、自治体側から収集中止や区分変更のお知らせもできる。G-Place(本社=京都府長岡京市、綾部英寿代…

この記事は有料会員記事です

▼残りの94%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top