【ループジャパン】
米国発のデポジット制「Loop」が初上陸
12社の商品で提携、プラごみ削減効果を検証中

 リユース容器を使って商品を販売し、消費者からその容器を回収、洗浄して、再び中身を充填して販売する「Loop」。現代の新たなデポジット制といえる仕組みが今年5月からイオングループの19店舗で始まった。8月にはECサイトでもLoop商品の販売を開始している。食品・日用品は使い捨てのプラスチック容器が主流だった中で、デポジット制がプラスチックごみの排出削減に繋げるのか。普及のカギは容器のデザインと商品…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top