【名古屋税関に潜入取材】
バーゼル法規制後の廃プラ検査とは?!
X線検査センター・コンテナ開披の現場から

名古屋税関のコンテナ検査(画像に処理を加えています)

 今年1月から改正バーゼル法省令が施行されたことにより、規制対象の廃プラ輸出に際して経産大臣の事前承認が必要となった。併せて税関での検査も強化されている。今年6月には、名古屋港で未承認の廃プラが輸出されようとしたケースに対し、経産省・環境省による初の行政指導 が行われた。今年も廃プラの海外向け輸出は月間約5万トンのペースが続き、輸出業者は度重なる内容物の確認が求められている。今回、名古屋税関で水際…

この記事は有料会員記事です

▼残りの95%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top