【日本プラスチック工業連盟】
22年プラスチック原材料生産・製品販売ともに減少
コロナ禍が響いた20年比も下回り、脱プラが加速か

©shutterstock

 日本プラスチック工業連盟がまとめた2022年(1~12月)のプラスチック原材料の生産量実績(確定値)は、ポリエチレン(PE)、ポリスチレン(PS)、ポリプロピレン(PP)いずれも前年比減少した。21年はコロナ禍前の19年の実績値にもどったが22年は再び減少、落ち込んだ20年の実績値よりも少なかった。プラスチック製品の販売量も、フィルム(軟質・硬質)・シート、容器類(中空成形容器・その他)、日用品…

この記事は有料会員記事です

▼残りの88%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top