【バイオプラスチック】
200万トン普及に向け、新製品開発が活発化
廃棄食品利用で、“植物由来”に新たな視点も

©shutterstock

 政府が策定した「バイオプラスチック導入ロードマップ」の中で、2030年までにバイオプラスチック(バイオマスプラスチックと生分解性プラスチック)を200万トン普及させる方針を掲げている。プラスチックの原料および製品メーカー、小売流通まで自社の事業でプラスチックに関わる企業は、こうした政策に対応するため、あるいは自社の環境配慮施策のため、バイオプラスチックの開発・採用を急ピッチで進めている。プレスリ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの95%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top