【海老名市】
2007年から「その他プラ」を独自に一括回収
資源化センターで選別後、市内でRPF原料に

資源化センターの外観

 4月のプラ新法施行により、全国各地の自治体で「容リプラ+製品プラ」の一括回収が進むとみられる。ただ、「一括回収」からは混載した集め方をイメージするが、必ずしも容リプラと製品プラを一緒くたに集めることを求めるわけでない。各自治体によって集め方も様々で、別々の曜日を設定したり、袋を分けて分別収集したりすることも可能であろう。独自に「製品プラ」の収集に取り組んできた自治体にとっては、プラ新法のスキーム…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top