2022年6月6日

【2022年4月の廃プラ輸出統計】
輸出単価が3割高の60円台半ばに
PETなど量伸びず、ロシア向けもゼロに

shutterstock©

 貿易通関統計の2022年4月の廃プラ輸出単価(FOB価格)は64.6円/kgと、過去3年間でもっとも高い輸出価格だった。前年同月に比べて15.1円/㎏高く、上昇率は30.5%となった。前月比でみても2.5円/㎏高くなっている。
 すべての品目で上昇しており、中でもPETフレークが前年同月比46.3%高い76.9円/kg、ポリ塩化ビニルが同比31.4%高い67.7円/kgとけん引する。その他も2…

この記事は有料会員記事です

▼残りの83%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top