【トムラ・ジャパン 佐藤 達副社長インタビュー】
《~後編~》
計7~12万トンのPETボトルを店頭回収
自ら物流センターにベーラー備え減容化

トムラ・ジャパン

《前半よりつづき》
容リの落札結果が指標になる
 「使用済PETボトルの取引価格は、基本的には容リの落札結果がベースとなる。日本では、使用済PETボトルの客観的な価格指標が容リの落札結果しかないので、それに左右される。回収したPETボトルを販売しているので、市況リスクが最も大きい。スーパー店頭に設置している回収機が1200台ほどあり、そこで回収したPETボトルの価格が、昨年は一昨年比で20分の…

この記事は有料会員記事です

▼残りの92%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top