【広陽サービス・新木場リサイクルセンター】
オフィス系の軟質プラを燃料として供給
将来的にケミカル化・水素製造の構想も

広陽サービス・新木場リサイクルセンターの工場外観

 広陽サービス(東京都江東区、尾崎泰裕代表取締役)は、2019年2月に新木場リサイクルセンター(東京都江東区)を開設、現在、オフィス系の廃プラスチックの選別破砕圧縮処理を行っている。同センターが先月、産業廃棄物処理施設設置許可を取得し、1日あたり5トン以上の破砕処理が行えるように能力を増強した。高性能な風力選分機や軟質プラスチックを吸引自動収集できるシステムなど最新設備を備え、東雲リサイクルセンタ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top