【1月PETボトル市況】
来年度の容リ入札、高値観測強く
西日本で上昇傾向、全体底上げか

shutterstock©

 PETボトルの1月末の各地域のPETボトル市況を調査した。引渡条件は、ボトル状でのベール品、置き場渡し。家庭系はキャップ・フィルムなし、事業系はキャップ・フィルムあり。全般的に昨年末より横ばいであるが、家庭系では関東エリアが自治体の独自ルートの高値を反映して、前月より2円高い50~70円/㎏となった。近畿でも、新規のPET再生設備の稼働により3~5円高い45~50円/㎏となった。九州・沖縄エリア…

この記事は有料会員記事です

▼残りの93%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top