【使い捨てプラ回収の仕組み】
PET回収ルートで囲い込み、争奪戦の様相も
使用済みプラ包装は各地で実証実験ラッシュ

神戸市「神戸プラスチックネクスト」

 海洋プラ問題への関心やプラ資源循環戦略の目標を達成するため、使用済みプラスチック容器を独自に回収する自治体や企業が増えている。再生原料としてニーズが高まるPETボトルは、既存の回収ルートを活かしつつ、特定企業のクローズドリサイクルの中に取り込もうとする動きが活発化。大手再生事業者や飲料メーカー、商社が提携に乗り出し、争奪戦の様相を帯びている。一方で洗剤や日用品に使われるプラ包装は、複数の企業が各…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top