現役官僚が解説する“プラ資源循環新法”
政省令が閣議決定、4月に施行へ
【経産省 資源循環経済課 講演録】

 政府は大きな気候変動問題に直面する中で「カーボンニュートラル2050」の方針を掲げ、幅広く使われているプラスチックという素材に着目したプラ資源循環促進法(以下、プラ新法)を制定した。この政省令(施行令・施行規則)が1月14日に閣議決定され、今年4月にプラ新法が施行される。プラ新法の制定に至る背景や用語の定義、新たな仕組みなど、実際に政省令案のとりまとめに関わった現役官僚の産業技術環境局資源循環経…

この記事は有料会員記事です

▼残りの98%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top