【加山興業】
焼却処理設備を増設し、日量91.68トン受入れ可能に
GHG排出削減の目標も設定し、社会ニーズを両立へ

新焼却炉の外観

 RPF製造などを手掛ける産廃処理業者の加山興業(本社:名古屋市、加山順一郎代表取締役)は、愛知県豊川市内に新型焼却炉を竣工し、2月から稼働を始めた。焼却処理能力は既存分と合わせて91.68トン/日に達し、様々な廃棄物を受け入れていく。また同社は2021年にSBTイニシアチブ(科学的根拠に基づいた温室効果ガスの削減目標)の認証を得て、2030年までに排出量50%削減の目標を打ち立てている。脱炭素と…

この記事は有料会員記事です

▼残りの97%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top