【TBMと横須賀市が連携】
新プラントを核にプラリサイクルを加速
実証実験は市民へ分別区分の浸透がカギ

山﨑社長(左)と上地市長

 先月、資源リサイクル大手のエンビプロ・ホールディングスと業務提携を発表したばかりの素材ベンチャー・TBM(東京都千代田区、山﨑敦義代表取締役CEO)にまた新たな動きがあった。3月29日、神奈川県横須賀市の上地克明市長の定例会見に山﨑社長も登壇し、横須賀市とTBMがプラ資源循環新法(以下、プラ新法)施行を踏まえて連携することを表明した。

 連携により、①プラスチックごみの一括回収の実証実験、…

この記事は有料会員記事です

▼残りの92%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top