《容リプラ+製品プラの一括回収》
【渋谷区】7月から区内全域で先行開始
容リ未収集から段階的にエリア拡大【北区】

©shutterstock

 今月からプラスチック資源循環新法が施行され、これまで資源として回収していた「プラスチック製容器包装(以下、容リプラ)」に加え「製品プラスチック(以下、製品プラ)」を一括回収できることになった。各自治体にとっては、回収増に伴う収集・選別体制の整備、硬質の製品プラの処理過程の問題、住民へ分別方法変更に関する周知など、一括回収を始めるにあたっての課題は多い。2023年度以降に実施を目指す自治体が多い中…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top