【プラ新法動向②~東京23区の一括回収~】
港区・千代田区で一括回収先行、今年度より2区開始
コロナでプラ収集量7%増、交付金要件で検討急務に

©shutterstock

 東京23区では4 月現在、12 区がプラスチック製容器包装(容リプラ)の全品目を対象とした分別収集を実施し、指定法人ルートで容リ協会に引き渡している。また千代田区と港区が先行的に製品プラスチック(製品プラ)も一括収集し、独自処理によって資源化してきた。4月のプラスチック資源循環新法施行によって、一括回収が焼却施設等の交付金の要件にもなり、各地の自治体が検討に動いている。23区では今年度半ばから渋…

この記事は有料会員記事です

▼残りの96%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top