【プラ新法動向①~政令指定都市の一括回収~】
2024年4月から仙台市・京都市が実施へ
容リ未収集だった岡山市も2年後から開始

©shutterstock

 プラ資源循環新法が4月に施行されるが、その施策の一つとして注目されるのが、家庭からの「容リプラ+製品プラ」の一括回収だ。これまで自治体で収集してきた容リプラのルートを活かして、燃やすごみに回ることの多かった製品プラを集めようというものだ。分別基準適合物のガイドラインなどの作成に時間を要するため、本格的な一括回収の実施は2023年度からとされるが、既に実施を表明する自治体も現れてきた。政令指定都市…

この記事は有料会員記事です

▼残りの93%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top