【プラントシステム・静岡ペレットセンター】
排出企業からサンプルテストでリサイクル提案
地域コミュニティで廃プラを必要なものづくりへ

プラントシステム・静岡ペレットセンター

 ㈱プラントシステム(本社=静岡県、木内智之代表取締役)が今年5月に開設した静岡ペレットセンターを訪問した。同社はもともと1989年創業の破砕機などを設計・製造する環境機器メーカー。機械のメンテナンスや「中古環境機器.JP」という中古機器リユースの仲介する部門をもつ。古紙の店頭回収BOXや段ボールを連続的につぶす物流機器なども開発してきた。プラスチックに関しては、ペレタイザーを販売するだけでなく、…

この記事は有料会員記事です

▼残りの97%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top