【日本ウエストグループ】
グループ会社の川越テック第二工場を3月に竣工
RPF需要増に備え、多様な資源化提案も可能に

川越テック第二工場の外観

 プラごみ問題への関心の高まりとともに今年4月にプラスチック資源循環新法が施行されたことで、商機を見出そうと廃プラのリサイクル業者による新たなリサイクル手法の模索や投資の動きが活発化している。固形燃料であるRPF事業で国内最大手の日本ウエスト㈱(本社=京都市、長田和志代表取締役)も、今年を「第2の創業期」と捉えて供給能力を拡充するとともに多様な廃プラ原料のニーズに応える。今年3月にはグループ会社の…

この記事は有料会員記事です

▼残りの97%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top