【PETボトルの収集】
家庭系PETの収集費、民間に委ね負担減
高まる資源価値、収集ルートも多様化へ

©Getty Image

 家庭から排出されるPETボトルやプラスチック類は、一般廃棄物として市町村などの地方自治体に処理責任があるが、もっとも課題となっているのが収集運搬コストの負担増である。ステーションや戸別回収など分別収集で集める方式が一般的であるが、自治会やPTAなどの地域コミュニティの集団回収で集める数量も少なからずあることが分かった。また大阪市では民間活力によるを活かした、「新たなペットボトル回収・リサイクルシ…

この記事は有料会員記事です

▼残りの93%を読むには、会員登録が必要です▼

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

PJ member ログイン

プラジャーナルセミナー2022お申し込み受付中

週間アクセスランキング

PJコラム »

Top